Unesco college:SIMO

50 %
50 %
Information about Unesco college:SIMO
Education

Published on March 5, 2014

Author: uncolle2014

Source: slideshare.net

Description

Team:SIMO
Koji Miyazaki, Mako Iguchi, Ayumi Otuki, Katsuhiko Sato
早稲田大学 山崎ゼミ
ユネスコカレッジ

SIMO Ayumi Otsuki, Mako Iguchi, Koji Miyazaki, Katsuhiko Sato

課題 貧困層の子供たちに学習支援を行うボランティア      子供たちが楽しんでくれた     『子供たちの貧困』が解決?     『社会問題の解決の評価が甘い』                    

Question そもそもこのボランティアで私たちがモン族に提供 しようとしている事・物は本当に彼らが望むものな のか?  私たちに出来る事とは?

考察 ● 教育の普及による経済的生活水準等の向上は 彼らが 望む物なのか? ● そもそも教育を必要としているのか? ● 私たち、先進国の人びとが考える『成功』や『幸 せ』が必ずしも彼らにとっての『成功』『幸せ』で はないかもしれない

この一ヶ月は何をするのか? ● 現地調査 ● モン族に関してのみ ● 現地で実際に生活しながらモン族の人びとの話 を聞き、彼らの現状・要望etcを明らかにする ● 3人1組+通訳1人の11グループ(ボランティアを 10人募集する)で行動

なぜ現地調査か? ボランティアと言っても様々な形があるが、その中 で実際に現地の人々が求めているものなのかとい うことは 、既存のボランティア活動に参加している だけではわからない。そこで、(社会問題の本質を 捉えるため、)実際に体を動かし、調査することで、 現地で本当に必要とされていることを見極められ るから。

400万円の使い道 ● 移動費(参加者はこの金額の半分を支払う=無 料だと自分たちのやっていることに対する責任 感・義務感やモチベーションが下がる可能性) ● 宿泊費 ● 現地通訳の賃金 ● 食費は各自の自己負担

各費用の詳細 ● 移動費・・飛行機往復約6万円+現地移動費1万円(参加者は 半分の3万5千円を負担)×40人(元々の30人+ボランティア10 人)=140万円 ● 宿泊費・・・2~4ドル/日×40人×30日  =2400~4800ドル(約24~48万円) ● 人件費・・・シャンティ山口の協力を仰ぎ、一人当たり5千円/日 で現地通訳を9人雇えるように交渉=5000×9×30日=135万 円 合計・・・140+48+135+=323万円

調査前 ● シャンティ山口というラオス、特にモン族に対して支援をして いるNPO団体に協力を仰ぎ、この活動をより効果的にする  ➡現地の状況や注意すべき事等を聞くとともに、現地   通 訳を雇う/彼らの通訳を雇うための交渉をする ● スタッフ数を増やす為に日本でボランティアを募集する(一ヶ 月でカバー出来る範囲を広げるため)  ➡元々の学生25人+ボランティア10人=35人

調査後 ● この一ヶ月で得られた情報をサイト(ラオスに関 する)に載せ、モン族を支援する他団体が再び このような調査をする手間を省けるようにする ● この一ヶ月では不十分だと考えられるので、継 続的に現地調査を続け、他団体がより多くの情 報を活用できるようにする

社会問題の本質を捉えるために たった1ヶ月という期間において教育プロジェクトな どを実施したところで大きな影響は期待出来ない。 私たちだけで全てをやろうとせず、情報収集・提供 という私たちが出来る中で最大の効果を発揮出来 ると思われる1分野にのみ集中することで、よりラ オス、モン族の問題解決につながる。

Question Are the things and services we volunteers are trying to give to the Hmong people really what they want? What are things we can do?

Analysis ● Is the improvement of economic prosperity through education really what the Hmong want? ● Are they in need of Education? ● The definition of “Success” and “Happieness” do not necessarily apply for the Hmong people

One month objective ● Field work ● Focused on the Hmong people ● Living amonst the Hmong people and clarifying the reality/desires ● Eleven groups of three students and one translator (acquire ten volunteers)

Expenses (40 thousand USD supplied) ● Transportation fee (half paid by students) ● Lodging fee ● Translator fee ※Food expenses not included

Details on the expenses ● Tranportation Airplane round trip $600+Transportation within the country $100 ($350 paid by the participants) × 40 people (Original 30 + 10 volunteers) = $14000 ● Lodging $2~4/day × 40 participants × 30 days = $2400-4800 ● Tranlator fee With the support of Shanti Yamaguchi (NPO), hire local translators for $50/day = $50 × 9 people × 30 days = $13500 TOTAL = $32300

Field work ● Ask for support from Shanti Yamaguchi (NPO)  ➡Aquire information about the current situation, at the same time as negotiate about hiring local translators ● search for volunteers within Japan, in order to increase the area we can cover in one month of research  ➡25 Original students + 10 volunteers

After field work ● Upload the information gathered on the Hmong people onto a shared research website, in order for other organizations to be able to access it ● Repeat this field work until all of the areas where the Hmong people live are covered

The real nature of Social problems It is impossible to leave a huge impact by merely doing an educational project for one month. It is important to divide the action of “volunteering”, and focus on what we can and should do. Focusing on gathering information about the Hmong people allow us to ultimately get closer to solving the problems they are carrying.

Add a comment

Related presentations

Related pages

Simo | LinkedIn

View 14619 Simo posts, presentations, experts, and more. Get the professional knowledge you need on LinkedIn.
Read more