山岡 宏が Japan Coast Guard Advisory Announcement - Maris

50 %
50 %
Information about 山岡 宏が Japan Coast Guard Advisory Announcement - Maris

Published on December 2, 2016

Author: shawnalladio

Source: slideshare.net

1. 1 山岡 宏が「海の安全推進アドバイザー」に選ばれました! K38 Japan’s Mr. Hiroshi Yamaoka was selected as "Ocean Safety Promotion Advisor"! 11月29日(火)海上保安庁にて、当財団嘱託職員の山岡 宏が 水上オートバイの専門家として「海の安全推進アドバイザー」に選ばれました。 On November 29 (Tue). 2016, Mr. Hiroshi Yamaoka of the Maris foundation staff member was present at the Japan Coast Guard. As a Personal Water Craft (PWC) subject matter expert, he was selected as one of the members appointed to the "Ocean Safety Promotion Advisor" 「海の安全推進アドバイザー」は、海上保安庁 海の安全推進本部において導入された初の取り組みです。 多様化するマリンレジャーについて専門的な知見を持った方を海の安全推進アドバイザーとして委嘱し、 同アドバイザーの助言を活用した、効果的な海の安全推進活動を展開する制度です。 "Ocean Safety Promotion Adviser" is the first initiative introduced at the Maritime Safety Promotion Headquarters of the Japan Coast Guard. We asked those who had expert knowledge about diversifying marine leisure as a marine safety promotion advisor. It is a system that develops effective sea safety promotion activities making use of the consultation advice of the advisor.

2. 2 委嘱式後には、安全運航に関する講演を行い、参加された皆さまと意見交換を行いました。 Mr. Hiroshi Yamaoka, (SME) representing K38 Japan/Maris and all PWC enthusiasts and professionals より安全な水辺を皆さまと共に作り上げられるよう努めてまいります。 Strong efforts of partnership are engaged with the community as a united working group

3. 3 アドバイザーには下記のような方々が選ばれています。 The following people are selected for advisers. 「海の安全推進アドバイザー」(五十音順、敬称略) ●日本ライフセービング協会理事/溺水プロジェクト本部長 ・石川仁憲(いしかわとしのり)氏 ○活動概要 日本ライフセービング協会溺水事故防止プロジェクト本部長として、 離岸流や飲酒に関連した水難事故を防止するため、 「Water Safetyキャンペーン」や「飲んだら泳がないキャンペーン」の実施、 水辺の溺水事故や海水浴場のリスク管理に関する調査・研究の実施など 「水辺の事故ゼロ」を目指した活動を展開している。 "Ocean safety promotion advisor" (in alphabetical order, honorific title omitted) Director, Japan Life Saving Association / Drowning Project Headquarters Mr. Hidehisa Ishikawa (Toshinori Ishikawa) ○ Outline of activities As Japan Life Saving Association Drowning Accident Prevention Project Headquarters, in order to prevent water accidents related to offshore flow and drinking, implementation of the "Water Safety Campaign" and "Campaign without Drinking" Investigation and research on risk management of the waterfront accident and beach. We are developing activities that aim at "zero water accident". ●海洋ジャーナリスト ・内田正洋(うちだまさひろ)氏 ○活動概要 (公社)日本カヌー連盟レクレーショナルカヌー協会理事、 (株)モンベルアドバイザー、東京海洋大学講師。 1997年に日本初となるシーカヤックのノウハウ本「シーカヤッカーズ・ハンドブック」を出版する等、 日本のシーカヤック教育の第一人者として大学生をはじめ、広く一般に対しシーカヤックや 環境教育の普及に努めている。 Marine Journalist Masahiro Uchida (Masahiro Chida) ○ Outline of activities (Kojundo) Director of the Japan Canoic Federation Recreational Canoe Association, Mont Bell Adviser, Lecturer, Tokyo University of Marine Science and Technology. In September 1997, we published the first "sea kayaking" know-how book "Sekayakers Handbook". As a leading expert in sea kayak training in Japan, including university students, wide sea kayaks against general, we are striving to disseminate environmental education. ●小型船舶のエンジンに関する専門 ○(一社)日本舶用機関整備協会業務部長 ・正一喜男(しょういちよしお)氏 ○活動概要 (一社)日本舶用機関整備協会業務部長として、漁船、プレジャーボート、 旅客船などの機関事故防止を目的として、各地の漁業者、プレジャーボートオーナー、 旅客船の乗組員を対象として、機関事故防止研修会を開催すると共に、 機関事故防止の基本である定期メンテナンスを行うことを推奨するなど、 小型船舶の機関事故防止の推進を行っている。

4. 4 Specialized on engines of small ships (one company) General Manager of Shipboard Institution Development Association of Japan Mr. Shoichi Yoshio ○ Outline of activities (One company) As a general manager of the Japan Marine Agency Service Association, fishing vessels, pleasure boats, For the purpose of preventing institutional accidents such as passenger ships, fishermen, pleasure boat owners, For the crew of the passenger ship, we hold an organizational accident prevention workshop, We recommend regular maintenance, which is the basis of engine accident prevention, we are promoting prevention of engine accidents on small ships. ●水上オートバイインストラクター ○公益財団法人マリンスポーツ財団 嘱託 安全運航教育員 ・山岡宏(やまおかひろし) ○活動概要 公益財団法人マリンスポーツ財団の内部組織である K38JAPANのインストラクターとして、 海楽園ハーバー(マリーナ)を経営する傍ら、 一般に対する水上オートバイのレスキュー講習のほか、 消防や運輸安全委員会の職員を対象にした安全運航講習などを全国で実施している。 Personal Watercraft Instructor Public interest foundation corporation Marine Sports Foundation commissioned safe operation operator Educator Hiroshi Yamaoka (Hiroshi Yamaoka) ○ Outline of activities It is an internal organization of the Public Interest Foundation Marine Sports Foundation (Maris) As an instructor of K38JAPAN, While running a marina harbor, in addition to rescue lessons for Rescue Water Craft (Personal Water Craft) against general, safety operational training courses for firefighters and staff of the Transportation Safety Committee are being conducted nationwide. 参考資料「エキスパートと共に海の安全推進活動を展開!」 http://www.maris.or.jp/blognplus/index.php?e=228&mode=maris

Add a comment