ICTのちから

67 %
33 %
Information about ICTのちから
Education

Published on October 20, 2012

Author: hiromu1996

Source: slideshare.net

ICTのちから 矢倉 大夢

自己紹介• 矢倉 大夢• 高校1年• パソコン研究部長• @hiromu1996

自己紹介• Androidのセキュリティ • Linux Kernelの脆弱性 • Androidにおける強制アクセス制御 • 高校生トラックで16:15∼

ICTのちからとは

ITのちから• ICT、Webは何ができるのか • 誰でも、いつでも、世界につなげる • 物理的障壁を取り除く • 誰もが同じフィールドに立っている

Linux Kernel• Linux Kernelとは • Linux基幹部分 • Androidの内部でも使用されている

Linux Kernel• Linux Kernelは • オープンソース • 1500万行ものコード

Linux Kernel開発• Linux Kernel開発 • 誰でも自由に開発に参加できる • 世界中に3000人もの開発者

Linux Kernel開発• Linux Kernel開発 • メーリングリストで議論を行う • Gitでソースコード管理

Linux Kernel開発• 私もcontributeしたことがある • 英語でメールすることさえ出来れば 誰でも年齢に関わらず参加できる

ICTのちから• ICTでできること • 誰もが情報を世界にcontributeできる • 誰もが情報を発信できる

ICTのちから• 誰もが情報を世界に発信できる • これまでマスメディアに限られていた • 新聞, テレビ etc.

ICTのちから• 誰もが情報を世界に発信できる • 今は誰でも情報の送り手となれる • Ustream, Twitter etc.   • 年齢に関係なく誰でも

若年層におけるICT• 若年層にはICTはどういった存在なのか • 「デジタルネイティブ」 • 一例としてクラスの現状

1年3組の現状• 半数がiPhone / Androidを所持• 6割がTwitterアカウントを所有• 最近はクラス内でLINEが流行っている

_人人人人人人人人人人人人人人_ > これがデジタルネイティブ < ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

若年層におけるICT• 生活の一部となっている • リテラシーは身についているのか? • ITリテラシーの教育は十分なのか?

リテラシー教育• 社会を生きる上での常識 • 家庭内で学ぶ • 学校で教えられるということはない

リテラシー教育• ICT社会を生きるための常識 • 家庭内で学べるとは限らない • 子供がPCを使いこなしていても 親が使えるとは限らない

リテラシー教育• これまでの世の中 • 全員が学校という小さな社会で 常識を身につけてから実社会へ • ある程度の失敗は許される

リテラシー教育• 今の世の中 • 子供であってもWebを通じて 実社会へと自在にアクセスできる • たとえ子供であろうとちょっとした 失敗で炎上することもあり得る

リテラシー教育• 初等教育レベルで教えることが必要 • Twitterを使用している小学生もいる• 平成10年度から小学校での情報教育が 推進され始める

実際の情報教育• 情報教育って何をしているのか? • 「Twitterで叩かれないコツとか?」 • 実際に今年配られた教科書から抜粋

SNSSNSなんていう言葉はでてこない

ネチケット実教出版 高校情報A 平成24年発行

情報教育のあり方• そもそも現在のシステムは情報教育に 適していない• 学習指導要領の改訂は10年おき• ICTの世界で10年前というと...

情報教育のあり方• 10年前、2002年って • Windows XPのリリースが2001年 • 初代地球シミュレーターができた年

情報教育のあり方• 10年前、2002年って • Windows XPのリリースが2001年 • 初代地球シミュレーターができた年 • 私は6歳 (幼稚園児)

情報教育のあり方• 新しい教育システムの構築が不可欠• ITリテラシーを初等教育の段階で 身に付けられる必要がある

これからの情報教育• ITは復興だけでなく、これからの 日本の長期的な未来を支える ポテンシャルを持っている• そして、今の若年層が10年後, 20年後の 未来を支えていく

これからの情報教育• 日本を支えていけるIT人材の育成が必須 • ITリテラシーは生活常識といっても 過言ではなくなる

これからの情報教育• 教育での情報リテラシーの徹底が 求められている• そのためにICTのスピーディな進化に ついていけるもっと柔軟で 教育システムの構築を

Add a comment

Related presentations

Related pages

悪質な 犯罪多発 外国人犯罪多発 活かそう ICTのちから - 活かそう 日本の四季 日本の匠 日本の技術 日本の絆 ...

悪質な 犯罪多発 外国人犯罪多発 活かそう ICTのちから. 2015-03-13 13:09:55 | 日記 ...
Read more

矢倉 大夢 / Hiromu Yakura (hiromu1996) - yumetaro.info

ICTのちから. Android Bazaar and Conference 2012 ...
Read more