IBM Watson Analytics説明資料~IBM SPSS Statisticsユーザ向け~

33 %
67 %
Information about IBM Watson Analytics説明資料~IBM SPSS Statisticsユーザ向け~

Published on June 22, 2016

Author: ibm_analytics_japan

Source: slideshare.net

1. IBM Watson Analytics 説明資料 ~IBM SPSS Statisticsユーザ向け~ 2016年6月22日 日本アイ・ビー・エム株式会社 アナリティクス事業

2. © IBM 2016 2 なぜIBM Watson Analyticsを使うのか SPSS StatisticsWatson Analytics Watson Analytics IBM SPSS Statisticsでは仮説に基づき、統計的手法を用いて検定を行います。 取得するデータの種類の多様化やデータの量の増加に伴い、「仮説を立てる」ことに時間 がかかるケースが増えています。IBM Watson Analyticsは、データから自動的に気づ きを提供し、「仮説発見」を支援します。また、 IBM Watson Analyticsの可視化の 機能を使うことにより、得られた分析結果を容易にチームで共有することが出来ます。 仮説発見 仮説検証 結果の共有

3. © IBM 2016 3 • ガイド型分析 • 分析内容とビジュアライゼーションに応じて、適宜分析軸をおすすめしてます • また分析内容と分析軸に応じて、適宜ビジュアライゼーションをおすすめします • 自然言語をベースとした “Cognitive” コンピューティング • 通常業務で使用している言葉で問いかけができます • IBM Watson Analyticsはビジネスを理解し問いかけに対して返答します ※2016年6月現在英語のみサポートしています。 • クラウドでサービスを提供 • いつでもどこでも利用ができます • すぐに利用をはじめられます • 運用管理は一切不要です • 最新の技術がどんどん取り込まれていきます IBM Watson Analyticsの革新的なポイント

4. © IBM 2016 4 • 是非ご登録の上、一度Watson Analyticsを体感ください。 • 現在、以下のサイトからご登録いただきますと30日間 Professional Editionがご評価いただけます。 https://watson.analytics.ibmcloud.com/product IBM Watson Analytics 登録URLはこちらです 登録方法の説明資料はこちらです http://www.slideshare.net/ibm_analytics_japan/watson-analytics- 62091760

5. © IBM 2016 5 IBM Watson Analytics利用の流れ ①SPSS Statisticsで データセットを作成 ・・・・ 変数ラベルや 値のラベルを設定 ②.savファイルで保存 ③Watson Analyticsに .savファイルをアップロード ④仮説発見 ⑤仮説検証 ⑥.savファイルで保存 ⑦結果の共有

6. © IBM 2016 6 IBM SPSS Statisticsでデータセットを作成 • 注意事項 • 2016年6月現在、IBM Watson Analyticsに.savファイルを取り込むためには、以下 の「ラベル」「名前」「値」に日本語は利用できません。 • 日本語を入れた場合には、アップロード時のエラーもしくは、分析時の文字化けが 発生します。 この項目は日本語は利用できません

7. © IBM 2016 7 IBM Watson Analyticsにログイン

8. © IBM 2016 8 IBM Watson Analytics 3つの『D』 IBM Watson Analyticsの機能は「Data」、「Discover」、 「Display」の3つから構成されています。 • 『Data』 分析に使用するデータを管理する機能です。 • 『Discover』 IBM Watson Analyticsのガイドのもと、データ間の関連性や傾向をビジュアルに把握します。 • 『Display』 Discoveryで発見した洞察をつかって、効果的にグラフィカルなダッシュボードやストーリーブックを作 成します。

9. © IBM 2016 9 「+ New data」をクリック

10. © IBM 2016 10 「Local File」をクリック

11. © IBM 2016 11 アップロードする.savファイルをドラッグ&ドロッ プするか、もしくは選択をします

12. © IBM 2016 12 「Import」をクリック

13. © IBM 2016 13 Uploadが開始されます

14. © IBM 2016 14 IBM Watson Analyticsで分析を行う準備ができ ました

15. © IBM 2016 15 IBM Watson AnalyticsのDataにアップロードし たIBM SPSS Statisticsのデータが登録されていま す。このデータセットの下部にある・・・をクリックして、【 Refine】を選択して、データを確認することができま す。 アップロードしたデータの確認

16. © IBM 2016 16 アップロードしたデータの確認 画面左側の「Data Metrics」ボタンを押すことで、グラフ表示が可能です。

17. © IBM 2016 17 ホームに戻る 画面左側のボタンから「IBM Watson Analytics」を選択して、ホーム画面に戻ります。

18. © IBM 2016 18 IBM Watson Analyticsによる仮説発見 アップロードしたデータのタイルをクリックします。

19. © IBM 2016 19 IBM Watson Analyticsによる仮説発見 アップロードしたデータのタイルをクリックします。

20. © IBM 2016 20 このデータから見たいのは、こういうものですかね??

21. © IBM 2016 21 この項目とこの項目は相関があります 他にもこんなことが分かります

22. © IBM 2016 22 分析結果の共有

23. © IBM 2016 23 IBM Watson Analyticsの使い方は以下を ご参照ください。 内容 URL 機能概要 http://bit.ly/1TFQef9 さわってみよう! Data 編 http://bit.ly/259W5Vm さわってみよう! Discover 編 その1 http://bit.ly/1Tl6TqQ さわってみよう! Discover 編 その2 http://bit.ly/1XhULK6 さわってみよう! Discover 編 その3 http://bit.ly/23VMDPw さわってみよう! Display 編 その1 http://bit.ly/1XhUWF0 さわってみよう! Display 編 その2 http://bit.ly/1ThB9Rj Twitter分析 http://bit.ly/28MNcqm リレーショナルDBとのつなぎ方 http://bit.ly/28UHDYC Boxとの連携 http://bit.ly/28OGsL5 データ準備ツール(Datawatch Monarch) http://bit.ly/28LGtfI

24. © IBM 2016 24 30 Day Trial Free Plus Professional Dataset size and storage 500 columns, 10M rows, 100GB 50 columns, 100k rows,1MB storage 256 columns 1M rows, 2GB 500 columns, 10M rows, 100GB Number of users Single Single Single Multiple Relational databases Yes Yes Yes Cloud data connectors Yes Yes Yes Twitter data Yes Yes Yes Cognos Analytics connector Yes Yes Teams and collaboration Yes Yes Access on premise data Yes Yes Analytics Exchange Full Access Limited Access Full Access Full Access Monthly Subscription ¥0 ¥0 ¥4,282 per user ¥11,500 per user Watson Analytics 新バージョンのEditionIBM Watson Analyticsのエディション 2016年6月現在

25. © IBM 2016 25 https://www.facebook.com/BusinessAnalytics/

Add a comment