Fukuoka city wi-fi整備の論点

50 %
50 %
Information about Fukuoka city wi-fi整備の論点
Business & Mgmt

Published on February 15, 2014

Author: toshiyajitsuzumi

Source: slideshare.net

Description

川崎市議会議員の勉強会での講演資料です。

Fukuoka City Wi-Fi整備の論点 九州大学 実積寿也 jitsuzumi@econ.kyushu-u.ac.jp

福岡市公衆無線LANの環境整備に関する検討会議 目的:公衆無線LANの環境整備に関し、現状の調査や課題の整 理などを行い、今後の方針(案)などを検討する。 2011年4月28日 第一回会議 2011年6月9日 第二回会議 2011年9月6日 第三回会議 2011年10月28日 第四回会議 このほかにワーキンググループを二つ設置 福岡市公衆無線LANの環境整備に関するワーキングループ

検討の流れ

第二回会議資料

論点1:民間事業者との競合回避 主要駅やその近辺では民間事業者が既にサービスを提供 NTT西日本 NTTcom ソフトバンクテレコム NTTドコモ 天神・大名WiFi化協議会 FREESPOT協議会 マクドナルドなど

既存ネットワークのロケーション 展開箇所はみな同じ 市がやるにはそれなりの 理屈と採算性の目論見が 必須

段階的な整備を予定 想定される利用者層 や整備の容易さ、反 発の少なさを総合的 に勘案  福岡の場合は、海外から の旅行者をメインとした ので、市民にとっての使 いやすさよりも、旅行者 にとっての分かりやすさ を考慮

民間との協働による拠点拡大1 利用施設 • ホテルニューオータニ博多 • サットンホテル博多シティ • 東洋ホテル 博多 • 福銀本店前広場 • レソラNTT夢天神ホール • カフェレストランThe Beach 簡易APはNTTBPより購入 48,000円←WiFiポータル画面作成費を含む 通信費用以外のランニングコストは福岡市が負担

民間との協働による拠点拡大2 利用施設 • JR九州 • 西鉄バスセンター • 西鉄福岡天神駅 など 共用APの設置費用はケースバイケースで異なる 通信費用以外のランニングコストは福岡市が負担

無頓着にやってしまうと、こんなこともありうる。

論点2:行政Wi-Fiのポジショニング どこに手を出すのか? 費用vs.自由度 但し、自由度が本当に必要 なのかはきちんと考える必 要がある。 一旦作ると壊せない。 トラブル時の責任の所在

論点3:事業としてのsustainability 設置費用は何とかなるとしても運営費用をどう工面するのか? 福岡市の場合 イニシャル(整備費用):約2,000万円 (H24のみ) ランニング(運用費用):約1,000万円/年 業務委託先:NTTブロードバンドプラットフォーム㈱ 民間事業者との競合を避けるということは事業性のないエリア か(高コスト要因)、民間事業者の参入を意図的に排除したエ リアに展開していくこと(民業圧迫)に他ならない。

論点4:セキュリティ やりすぎると使いづらい。 利用者登録・認証 不正利用・過剰利用の制限 利用者から見えない方法は…

論点5:PDCA 技術は変化するし、消費者ニーズは変わるし、市行政のプライ オリティは首長によって変化。

Add a comment

Related presentations

Related pages

ワイファイ環境整備費

補助率/整備に必要な経費の1/2佐賀県:SAGA県政なび p4. 福岡市公衆無線LANの環境整備Fukuoka city wi-fi整備の論点.
Read more

九州大学-研究者情報 [実積 寿也 (教授 ...

本データベースの内容を無断転載することを禁止します。
Read more