20161008MAP事前学習

50 %
50 %
Information about 20161008MAP事前学習

Published on September 21, 2016

Author: srws

Source: slideshare.net

1. 先人に学ぼう! -系統的な文献検索と批判的吟味- 事前学習 兵庫県立尼崎総合医療センター Hospital Care Research Unit 片岡裕貴、辻本啓、辻本康

2. ある大学院生の実例 卒後6年目まで 感染管理チームとして働いた 肺癌の患者さんで 発熱性好中球減少症を 起こしても、血液培養が陽性にな ることは少ないな

3. 疑問の構造化 P:発熱性好中球減少症患者 E:重症度高い (MASCCスコア+αで定義) C:重症度低い O:血液培養の陽性

4. 4週間後

5. ところが、先行研究のRelated citationsに Ha YE, Song J-H, Kang WK, Peck KR, Chung DR, Kang C-I, et al. Clinical factors predicting bacteremia in low-risk febrile neutropenia after anti-cancer chemotherapy. Support Care. 2011;19(11):1761–7.

6. 7

7. Step 2: 先人に学ぶ  わかっていること 先行研究の系統的検索と吟味  わかっていないこと →何を明らかにしたいのか?

8. 構造化された疑問から どのデータベースで どんな検索式を使って文献を検索し どんな条件で該当する文献を選択するか を定義する Cochrane Handbook for Systematic Reviews of Interventions Version 5.1.0. The Cochrane Collaboration; 2011 系統的検索(Systematic Search)

9. このWS全体の行動目標 ・系統的検索と発見的検索の違いを説明できる ・統制語について説明できる ・PubMed advancedのための、系統的な検 索式を作成できる ・見つけた先行研究を自分の研究に活かすため の交絡に関する批判的吟味ができる 10

10. 事前学習の目標 ・系統的検索と発見的検索の違いを説明できる ・統制語について説明できる 11

11. PubMed検索式について正しいものを全て選べ • PubMedではアスタリスク "*"を用いることで前 方一致検索を行うことができる • フレーズ検索 (熟語検索)を行う場合は、フレー ズを「」でくくる • PubMed Advancedで検索式を掛け合わせるとき にANDやORを用いる場合、ANDやORはアル ファベットの大文字でも小文字でもどちらでも良 い • PubMed Advancedにおいて検索語の語尾の [tiab]といったサーチタグは主にMeSHを用いた 検索のために使用される 12

12. 統制語について正しいものを全て選べ • 統制語には上位概念と下位概念がある • PubMed検索する際に用いられている統制語は MeSHと呼ばれる • 統制語は更新され付け替えられることがある • 検索したい概念の統制語がないことがある • ぴったり合った統制語があると網羅性と適合率が ともに上昇する • 心不全 (Heart Failure)のMEDLINEでの統制語に heart failure syndrome [mh]がある 13

13. 検索についてどの程度知っていますか? 14 ???

14. Question 今日の夕方の天気は? 15

15. 発見的検索と系統的検索 発見的検索 系統的検索 目的 適当な情報を一本釣りする 全体像を把握する 日常の検索 向く 不向き 問に対する 答え 1つあれば十分 他に何があるか、は問題ではな い 該当するものすべてが必 要 やり方 より答えの出る確率の高い 検索ワードを選ぶ 該当するものの一部だけを見て 選ぶ ? 記録 残らない 必ず残す (検索日、データベース 検索ワード) 16 諏訪, 2013

16. 系統的検索のもっともよい方法? 17

17. 系統的検索のもっともよい方法 18 諏訪, 2013 全部読む

18. 流石にそれは無理なので 検索システムにお願い! 19 諏訪,山下, 2015 だけ抽出

19. 検索システムごとの差 命令そのまま • Cochrane Library • PubMed(Advanced) • Ovid Medline • 医中誌 裏でいろいろと気を回してくれる • PubMed • Google Scholar 20

20. 検索システムごとの差 命令そのまま • Cochrane Library • PubMed(Advanced) • Ovid Medline • 医中誌 裏でいろいろと気を回してくれる • PubMed • Google Scholar 21

21. データベース 医学分野では 22 http://onlinelibrary.wiley.com/cochranelib rary/search?searchRow.searchOptions.sea rchProducts=clinicalTrialsDoi http://login.jamas.or.jp/ http://www.embase.com/login 参考) http://handbook.cochrane.org/chapter_6/6_2_1_3_medline_and_embase.htm

22. 検索システム 23 http://onlinelibrary.wiley.com/cochranelib rary/search?searchRow.searchOptions.sea rchProducts=clinicalTrialsDoi http://login.jamas.or.jp/ http://www.embase.com/login 参考) http://handbook.cochrane.org/chapter_6/6_2_1_3_medline_and_embase.htm http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/advanced http://ovidsp.tx.ovid.com

23. 網羅的な検索式をつくる 24

24. 25

25. 問題提示 糖尿病の医療費は1兆2088億円 26 インドア派:トジルDr. GWも自宅で文献検索

26. 漠然とした疑問 トジルDr.の漠然とした疑問 27 糖尿病の患者さんに対して減量 手術を行っているときいた。そ んな蛮行ゆるされるのか・・・ かえって死をはやめるのでは? 現存するエビデンスを調べたい。

27. 先輩の意見 都合の良い文献だけをpick up して紹介して、エビデンスが有 ると主張してもダメです。 やっていることはセールスマン とかわらないですね。 フェアーな臨床的判断をするた めには、現存するすべての関連 する研究を総括したのちに、判 断する必要が有ります。 また、その判断に至ったまでの 過程を見える化する必要があり ます。 28

28. 構造化された疑問をそのまま検索式に #1 AND #2 AND #3 → 140件 これでいいでしょうか? 2015/4/3 実施 P: 糖尿病患者 #1 diabetes I: 減量手術 #2 gastrectomy C: 手術しない O: 死亡 #3 death OR mortality

29. 検索のポイント0 検索の”網羅性と適合率” 網羅性: 関連のある研究をできるだけ拾う 適合率: 関連のない研究をできるだけ拾わない 30

30. 検索のポイント1 構造化からの検索式 ※治療・介入に関する検索の場合 Patients #1 健康状態を示す用語 AND Intervention/Exposure #2 介入/暴露を表す用語 http://handbook.cochrane.org/chapter_6/6_4_2_structure_of_a_search_strategy.htm ※アウトカムに関連する用語は入れない! 必ずしも抄録に書かれていないことがある

31. 検索のポイント2 統制語(controlled indexing terms)を使う データベース毎に固有のものがある 例:MeSH (MEDLINE), EMTREE (EMBASE) “gastric resection”や”partial gastrectomy”の MeSHは”gastrectomy” 注意点:そのMeSH wordがいつ作られたかもチェック 32

32. つまり 「胃切除術」という概念を検索したいとき “gastrectomy”というキーワードのみで検 索するとMEDLINEに収載されている 抄録の中で、 “gastrectomy”が入っている もののみを検索する →”Reau-en Y procedure”とだけ抄録に書 かれていたら検索できない! 33

33. だからMeSHを知ろう! Medical Subject Headings MEDLINEで検索可能な各論文に人力で付与 されているキーワード 階層性があるので、その上位、下位のどこ まで検索するかを規定することができる 34

34. PubMedのアブストからだと 35

35. 36

36. 37

37. 38

38. 39 類似語 上位概念 下位概念

39. 検索のポイント3 キーワードも加える MeSHをつけているのは必ずしもその分野の 専門ではない司書さんです。 また、つけるまでに一定のタイムラグがあ ります。 なので、追加で関連しそうなキーワードも ORで検索しておきましょう。 40

40. 再出:PICOを検索式に #1 AND #2 AND #3 2015/4/3 実施 P: 糖尿病患者 #1 diabetes I: 減量手術 #2 gastrectomy C: 手術しない O: 死亡 #3 death OR mortality どこがマズイか分かりますか?

41. PICOを検索式に #1 AND #2 AND #3 P: 糖尿病患者 #1 diabetes I: 減量手術 #2 gastrectomy C: 手術しない O: 死亡 #3 death OR mortality ポイント1 構造化からの検索式 アウトカムは検索ワードに入れない!

42. 再出:PICOを検索式に #1 AND #2 AND #3 P: 糖尿病患者 #1 diabetes I: 減量手術 #2 gastrectomy C: 手術しない O: 死亡 #3 death OR mortality ポイント2 統制語 統制語を使っていない!

43. 再出:PICOを検索式に #1 AND #2 AND #3 P: 糖尿病患者 #1 diabetes I: 減量手術 #2 gastrectomy C: 手術しない O: 死亡 #3 death OR mortality ポイント0 網羅性 ポイント 4 キーワードをORで加える

44. なんとなくわかった 具体的にどうすれば? 以下、2016/5/20 実施 45

45. Meshの検索画面へ 46

46. まずはPに関する言葉を入れる 47

47. 結果からぴったりなものを探して選択 48

48. 上位?下位? 49

49. MeSHの解説を読む Diabetes Mellitus, Type 2 Year introduced: 2005 (1984) Previous Indexing: Diabetes Mellitus (1966-1983) 50

50. Iを示すMeSHを同じように検索 Gastrectomy 51

51. たしか、Bariatric surgeryとも呼んだはず Gastrectomyとは別だった! 52

52. つづいて検索の実行へ 53

53. MeSHにはお経のように [mh]をつける! 54 Diabetes Mellitus, Type 2[mh]

54. こんな感じになります 55

55. Iの概念は2つあったので”OR” 大文字 でつなぎましょう #2 OR #3 56

56. 最後にPとIをつなぎます 57

57. MeSHにキーワードを掛け合わせる場合 dm[tiab] タイトルとアブストラクトの部分から検索 (著者名などは除いて) “metabolic surgery”[tiab] 2単語は引用符でつなぐ 小文字と大文字は区別されない 58

58. 例えばこんな風に #1 Diabetes Mellitus, Type2[mh] #2 dm[tiab] OR diabetes[tiab] #3 #1 OR #2 #4 Gastrectomy[mh] #5 Bariatric Surgery[mh] #6 “gastric resection” [tiab] OR gastrectomy [tiab] OR “metabolic surgery” [tiab] OR “weight loss surgery”[tiab] #7 #4 OR #5 OR #6 #8 #3 AND #7 59 DM 胃 切 除

59. 他の細かいルール:キーワード検索のために 60 http://www.lib.med.kyoto-u.ac.jp/pdf/pubmed_howto.pdf

60. 質問? 61 srws.hcru@gmail.comまで

61. 事前課題 ここまでの知識を元に実施し、 お送りしたフォームに入力してください 62

62. 当日のタイムテーブル(予定) アイスブレイク 10分 Pのブロック作成 30分 フィードバック 15分 Eのブロック作成と結合 20分 フィードバック 15分 休み時間 10分 追加レクチャー 30分 事前課題で出していただいた論文の中 から1つを選んで、批判的吟味 40分 発表とフィードバック 15分 まとめ 5分 63

63. 参考資料 参考資料: • 京都大学医学図書館 "基礎から学ぶ PubMedの使い方" http://www.lib.med.kyoto- u.ac.jp/pdf/pubmed_howto.pdf Last accessed 8/7/2016 • 諏訪敏幸『看護研究者・医療研究者のた めの系統的文献検索概説』第一版 近畿病 院図書室協議会 (2013) 64

Add a comment